金融総量規制ってなんで出来たの?

金融総量規制は、2010年月に貸金業法が改正されたことで導入されました。これにより、貸金業者から借り入れをする際は、年収の3分の1までしか借りられないことになりました。その目的は、利用者が返済能力以上の借り入れを行わないようにするためです。つまり、金融総量規制が設けられる以前は、収入を超えた借り入れも可能であり、それによって借金が収入をはるかに超えるような状態になることもあったため、そうならないように金融総量規制が設けられたということです。

この制限により、借り入れの際には、年収証明の提出が義務付けられるようになり、収入がない人は借り入れを行うことが難しくなりました。しかし、借り入れ上限こそ少ないものの、そうした人を対象とした貸し出しを行っている貸金業者もあるため、収入がなくても借り入れをしたい場合は、そうした業者を探した方が良いでしょう。

なお、金融総量規制は貸金業者にのみ適用されるため、銀行からの借り入れの場合は、これが適用されません。ただし、銀行からの借り入れは、あらかじめ年収に対する規定が設けられているなど、貸金業者からの借り入れよりも条件が厳しいため、審査に通ることも難しくなります。

また、金融総量規制は、車や住宅のローンなどには適用されませんし、緊急の医療費が必要になった場合なども、例外として年収の3分の1以上の借り入れをすることもできます。つまり、意外と融通の利く制度であるため、どうしようもなくなった場合は、この問題に詳しい弁護士などと相談することで、活路を見出すこともできるかもしれません。

おまとめローンDX - 低金利おまとめローンおすすめポイントと選び方はこちら