痛みに弱いから医療脱毛はしないほうがいい?

痛みが苦手な方はいらっしゃいますね。おすすめ医療脱毛は、エステ脱毛に比較して痛いと言われています。痛みに弱いと、医療脱毛は選ばないほうがよいのでしょうか?

実は、痛みに弱い方ほど医療脱毛をおすすめしたいのです。脱毛というのは、当たり前ですがムダ毛がなくなっていかないといけません。医療脱毛では、ムダ毛がなくなる状態を目標においています。照射パワーが高い脱毛器を、最大限効果が得られる出力で照射することで、ごく少ない回数で抜けたと実感できるのです。

医療脱毛では、痛みに対応するために、笑気麻酔や表面麻酔を取り入れているところが多いですね。痛みを強く感じる部位だけ、上手に麻酔を使うということも可能でしょう。また、冷却装置がきちんとついているレーザー脱毛機もあります。一定の温度以下にならないと照射を始めない機械のため、痛みが軽減されているのです。

また、脱毛前の冷却などを取り入れたり、アロマで痛みを軽減したりという方法を導入しているクリニックもあります。むやみに痛みを我慢するのではなく、上手に脱毛を進めていくという前提になっていることがよくわかるでしょう。

レーザー脱毛機の痛みは、輪ゴムでパチンとはじいた程度と言われています。もちろん、実際に体験してみないと、そう聞いただけでは耐えられるかどうかはわからないものでしょう。医療脱毛でも体験を導入しているところがあります。とにかくどれくらいの痛みなのかを知りたいという方は、試してみるとよいですね。