不動産売却に司法書士に登記を依頼した場合の費用

不動産売却にあたっては、これまでの不動産登記の名義を、新しく持ち主となる人に書き換える必要が生じます。こうした登記のことを、所有権移転登記と呼んでおり、もちろん個人として法務局に申請をすることは可能です。しかし、不動産のような高額な財産の所有権にかかわる手続きですので、申請書の形式や証拠書類の添付など、それなりに厳格さが要求され、なかなか素人が対応するのが難しいという面があります。そこで、通常の場合、不動産売却にかかわる登記の手続きいっさいを、司法書士のような専門家に費用を支払って一任してしまうということが行われています。
この場合の司法書士の費用ですが、実は以前にはすべての司法書士に共通した報酬規定があったため、極端な話をすれば、どの事務所に依頼をしても、費用の金額はそれほど変わらないものでした。しかし、現在ではこうした規定がなくなり、完全に自由化されていますので、それぞれの事務所によって、大幅に金額が異なることがあります。
一般的にいえば、基本報酬として、1件について5万円前後ということが多いようですが、この金額のほかにも、実費に相当する部分があるため、費用はさらに膨らみます。それというのも、所有権移転登記にあたっては、不動産の価格に応じた登録免許税と呼ばれる税金がかかるため、これがかなりのウエイトを占めるほか、たとえば郵送料や出張のための交通費、各種の公文書の交付手数料などといったものも上乗せされてくるからです。